パールクチュール 成分

「キレイに磨いているのに歯の黄ばみが…」
「自宅で手軽にホワイトニングしたい」
「自信をもって笑いたい!」

そんな悩める女性に人気なのが薬用ホワイトニングのパールクチュールです。

パールクチュールの有効成分はどのような働きをしてくれるのでしょうか?

この記事でわかること

  • 有効成分4つの効果
  • パールクチュールの有効成分の働き

パールクチュールの有効成分どんな働きが?

白衣女性

パールクチュールは、いつもの歯磨きを変えるだけの簡単ケア。

毎日の歯磨きでホワイトニングを手軽にできます。

今回は、パールクチュールに配合されている有効成分から得られる4つの効果について調べてみました。

パールクチュールの4つの効果

  1. ホワイトニング効果
  2. 歯茎ケア
  3. 虫歯予防
  4. 口臭ケア

それぞれの有効成分の働きを詳しく調べてみました。

❶ホワイトニング

研磨剤を使わず、歯をキレイに導いてくれます。

「コーラルアパタイト」
沖縄の天然化石サン ゴを原料に独自の技術により製造された世界で初めてのアパタイトで
色素・細菌・ニオイを吸着してくれます。

コーヒーやワインなどの色素を吸着してキレイにし、口臭の原因菌を減らしてくれます。

    トリポリリン酸ナトリウム
    歯の汚れを除去するのと同時に、歯の表面をコーティングしてくれます。

    歯石やステインが付着するのを予防します。

    パール
    歯の表面汚れをキレイにして、修復してくれます。

    ❷歯茎ケア

    有効成分の働きで、歯茎の炎症をおさえて健やかに保ちます。

    「グリチルリチン酸ジカリウム」
    炎症をおさえる働きがあり、歯茎をケアします。

    クリスパタス菌KT-11
    乳幼児の腸内から発見された機能性乳酸菌で、免疫力を高めて歯茎を健康に保ちます。

    ❸虫歯予防

    歯磨きには欠かせない虫歯予防の効果が期待できます。

    「キシリトール」
    キシリトールは、「虫歯の進行や発生を防ぐ」という、他の糖アルコールにはない特徴的な効果があります。 

    キシリトールをタブレットやガムの形で一定期間以上口の中に入れると、虫歯の原因となる歯垢が付きにくくなるだけでなく、歯の再石灰化を促し、歯を固くします。

    引用元:テーマパーク8020

    ❹口臭ケア

    口臭を防いでさわやかな息にしてくれます。

    メントール
    メントールはチューインガムや歯磨き粉など、口中清涼剤などに多く使われています。

    スーッとする清涼感があり、抗菌作用もあるので口臭の原因菌を減らすのを助けてくれて口臭ケアに期待ができます。

    まとめ

    yui

    1. ホワイトニング効果
      「コーラルアパタイト・トリポリリン酸ナトリウム・パール
    2. 歯茎ケア
      グリチルリチン酸ジカリウム・クリスパタス菌KT-11
    3. 虫歯予防
      キシリトール
    4. 口臭ケア
      メントール

    パールクチュールに含まれている有効成分の働きはホワイトニングだけじゃないみたいですね。

    ホワイトニング効果だけじゃなく色々な良い効果が期待できることがわかりました。

    色々知れて「毎日使ってみるのがもっと楽しみ」になりました。

    矢印

    パールクチュールの口コミとレビュー
    パールクチュールの公式サイトはこちら

    パールクチュールの成分表

    【パールクチュールの全成分】

    精製水、ソルビット液、濃グリセリン、ポリエチレングリコール400、無水ケイ酸、ヒドロキシアパタイト、カルボキシメチルセルロースナトリウム、β-グリチルリチン酸、イソプロピルメチルフェノール、ヤシ油脂肪酸アミドプロピルベタイン液、ポリリン酸ナトリウム、メタリン酸ナトリウム、無水ピロリン酸ナトリウム、N-ラウロイル-L-グルタミン酸ナトリウム、キシリット、酸化チタン、クエン酸ナトリウム、スイカズラエキス、I-メントール、エタノール、無水エタノール、フェノキシエタノール